読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般人は、歯が命ではない。

ただの一般人の毎日を、何故か不特定多数に発信。顎を大切にするブログ。

普段とは違う人と話すということ。

日記

f:id:jiritsusinK:20161019091007j:image
あごっこです。

昨日は深夜3時ぐらいまで起きてたせいでかなりの寝不足。でも、たまにはこれぐらいの寝不足もいいんじゃないかなって思う。

 

 

 

あごっこは、この夏北国から東側に引っ越してきた。だからまだ東での友達がほとんどいない。むしろ以前から付き合いのある友達がたまたま東にいるだけで、こっちでできた友達は一人もいない。だから今は家主と会話する以外は、まともに他人と会話をすることがない。一人で引っ越してきていたらと思うと、生きた心地がしない。

 

昨日は久しぶりに北国の友達とたくさん話した。ネットワークというのはどこまでも繋がっていて、わざわざ会わなくても各地でコミニュケーションをとれるツールがたくさんある。それは本当にとても便利で、寂しがり屋のあごっこにとっては素晴らしい世界になったと感じる。

昨日使った現代の文明の利器はSkype。LINEがとても普及しているなか、やっぱり通話するならSkypeっていう、全く持ってよくわかんないフィーリングで区別をしている。

そんなSkypeを使ってグループ通話をした。ネットゲームを一緒にやるためだ。ネットゲームと言っても一狩り行くようなハンターゲームでもなく、一緒に旅をするようなウィーバーゲームでもない。まぁどっちもやったことないけど。

 

ネットゲームは麻雀。北国にいたときからいつも雀荘でセットを組んでいた友達だったから、久しぶりに打ちたくなって誘った。普段からそのゲームの他の相手とはランダムでネット対戦をしているけれど、やっぱり身内と打つと楽しさは格段に上がった。

夕方から深夜3時まで、飽きもせずにずっと打ち続けた。それはもう楽しかったから、時間とか気にならなかった。正直打ち足りないぐらい楽しかった。遊びに行く人も家主ぐらいしかいない環境で、話をするだけでも気分が明るくなった気がする。

 

 

 

やっぱり、たまには違う人と話すってすごく大切だと思う。こんなの当たり前のことかもしれないけど、昨日は改めて感じた。

私は初期段階のコミニュケーションをとるのがすこぶる下手くそだし、学生でもないし無職だし、知り合いが増える見込みが一切ない状態だから、特にそう思う。メッセージのやりとりじゃなくて、会話をするということの大切さが身にしみる瞬間でした。

 

また、麻雀を打ちたい。

今度はアルティマで。

年末にはみんなに会いに行かなきゃ。