読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般人は、歯が命ではない。

ただの一般人の毎日を、何故か不特定多数に発信。顎を大切にするブログ。

基本的に無職だから。

f:id:jiritsusinK:20161210002029j:plain

あごんは基本的に無職。

お金になるようなことは何もしていない。





後藤さんにおんぶにだっこはいけないと思い、働きに出ることにした。そこでこの間、メンズエステ店に入店した。一応性風俗に入る店舗らしい。後藤さんは「危なくなければいいんじゃないの?」と言ってくれているので、稼ぎと相談しつつ続けられるようであれば続けようと思う。

以前も別の地方でやっていたが、単価が安くていくら働いてももらえる額は知れていた。ただ、当時あごんは学生だったので、たかが知れている程度の稼ぎだったとしても大金を手にした気分になった。

学生のアルバイト先としては、ちゃんとした店舗さえ選択できればとてもいい稼ぎ先だと思う。特に学校が忙しい一人暮らしの大学生とかにはもってこいの仕事なのではないだろうか。親にバレるとか、彼氏にバレるとか、そういう心配はあるかもしれない。それが嫌ならやめた方がいい。でも、もう自身だっていい大人だし、特に「親にバレるのが怖い」とか言ってたら仕事なんて何もできない。娘が風俗で働かないで欲しいと思うのなら、アルバイトしなくても生きているぐらいの仕送りを送ってこいって思う。

あごんは親にバレようと正直知ったこっちゃない。そんなに辞めてほしいのであれば私が食うに困らないぐらいの仕送りを要求する。こっちは食っていくのに必死だっていうのに、犯罪行為じゃなければ今さら成人した娘は何をしていようと勝手だろう。風俗で働くことは犯罪ではない。それに私は脱税もしていないし、違法風俗店で働いているわけでもない。そんなことはいくら頭が悪いあごんでもさすがにしない。

そこら中に転がっているブラック企業の求人を見ても、こんなところで働いたら風俗よりも辛いあげくに風俗よりも稼げない。仕舞いには鬱になったりして本格的に働けなくなる。それは本末転倒だと思う。仕事が辛くなったら、どこで働いているにしてもすぐに辞められる環境になければならないと思う。自分はそうでありたい。

いつか、一般企業に就職ができるのであればそうしたい。ただ、風俗業からの一般企業への就職は困難を極める気がする。風俗一本で稼いでいた場合、職歴に何も書くことがないからだ。アルバイトやパートをしているわけでもなければ、学生だったわけでもない。だから、何かしら最もらしい理由が必要になる。例えば、客の来ない空き時間は資格所得の勉強をしたり、学生であれば学校の宿題を終わらせたりといった時間に充てるととても効率的。無職の風俗勤務の場合は、資格所得のために働いていなかったと言えば、職歴のない期間の全うな理由にもなるだろう。

私は9月までの間に化粧品検定、美容薬学検定、登録販売者でも受けてみようかと企んでいる。特別難しい資格というわけでもなさそうなので、生涯学習もかねて勉強したい。そして将来的にはドラッグストアで働きたいと考えている。最近は、セルフメディケーションを推進する動きが活発なので、ここは狙いどころなのではないかと思う。特に、家族や自身の健康にも気を使い、年齢的にも自身のこれからの美容や健康にも興味がある主婦層の方に対応できるようになれば、美容の資格と登録販売者の資格の相乗効果で有利に働けるのではないかと考える。





一番近い試験は化粧品検定か、一番なじみがないなぁ。でも頑張ろう。